MENU
カテゴリー
アーカイブ

【デス・ライダー】ジョンモクスリーを徹底解説!

研ネコ
兼業Webライター
兼業Webライターの研ネコと申します。
ポートフォリオは下記を参照してください。

https://note.com/kennneko_5656/n/nafa62707de1f

AEW、新日本プロレスで活躍するジョンモクスリー。暴力的なスタイルで相手に立ち向かっていく姿が魅力的ですよね!

そんなジョンモクスリー選手について徹底解説します。日本への特別な思い、海野翔太との師弟関係についても解説します。

※この記事にはアフィリエイトリンクを含みます

目次

ジョンモクスリーのプロフィール

ジョンモクスリーはアメリカのオハイオ州シンシナティ出身のプロレスラーです。1985年12月7日生まれです。本名はジョナサン・グッド。

身長は188センチ、体重は102キロ。必要最低限のモノしか持たないミニマリストだそうです。2017年にルネ・ヤングと結婚しました。

2004年、HWAにてデビューしました。2011年~2019年4月までディーン・アンブローズのリングネームでWWEにて活躍。2019年5月からはリングネームをジョンモクスリーに戻し、AEWと新日本プロレスで活動しています。

ジョンモクスリーの経歴

世界的スーパースターとして活躍したWWE時代。WWEを飛び出して、更に魅力を増したAEW/新日本プロレス時代をご紹介します。

WWE時代

2011年、モクスリーはWWEと契約を結びました。そして、ディーン・アンブローズのリングネームで活動を開始。

2012年11月18日、セス・ロリンズ、ローマン・レインズと「ザ・シールド」を結成しましたWWEではグランドスラムを達成し、約8年にわたってWWEで活躍したのです。

2019年1月、WWEとの契約更新をしないことを発表しました。

AEW・新日本時代

2019年5月25日、AEWの旗揚げ大会「Double or Nothing」のメインイベントの試合終了後にリングネームを「ジョンモクスリー」に改め、乱入しました。試合後にモクスリーはAEWと複数年契約を結んだことを発表。

2019年6月には新日本プロレスに参戦。日本のプロレスファンの間に衝撃が走りました!

2019年6月5日に新日本プロレスデビュー。初参戦で「IWGP USヘビー級」チャンピオンとなったのです。

2020年2月29日、シカゴで行われたAEW「レボリューション」にてAEW世界王座に挑戦。高角度式パラダイムシフトを決め、王座を戴冠しました。

2022年3月24日、ブライアン・ダニエルソン、ウィリアム・リーガルらと共にザ・ブラックプール・コンバット・クラブ(The Blackpool Combat Club)を結成しました。

同年6月27日、「AEW x NJPW:Forbidden Door」にて棚橋弘至との対戦が実現。モクスリーは棚橋に勝利し、AEW暫定世界王者となりました。

2024年4月13日、新日本プロレスのシカゴ・Wintrust Arena大会にて、内藤哲也の持つIWGP世界ヘビー級王座に挑戦。デスライダーで内藤哲也を破り同王座を戴冠。

ジョンモクスリーの得意技

デスライダー

パラダイムシフト

ブルドック・チョーク

ヘッドロック・ドライバー

ジョンモクスリーのタイトル歴

WWE
WWE世界ヘビー級王座 : 1回
WWE US王座 : 1回
最長保持期間記録保持者。
WWE IC王座 : 3回
WWEロウ・タッグ王座 : 2回
w / セス・ロリンズ
Mr.マネー・イン・ザ・バンク : 2016年
トリプルクラウン達成
グランドスラム達成
AEW
AEW世界王座 : 3回(第2・6・8代)
暫定AEW世界王座
AEWインターナショナル王座 : 1回(第3代)
新日本プロレス
IWGP世界ヘビー級王座 : 1回(第9代)
IWGP USヘビー級王座 : 2回(第6・8代)
最多連続防衛回数、最長保持期間記録保持者。
CZW
CZW世界ヘビー級王座 : 2回
GCW
GCW世界王座 : 1回
wXw
wXw世界タッグ王座 : 1回
w / サミ・キャラハン
HWA
HWAヘビー級王座 : 3回
HWAタッグチーム王座 : 5回
FIP
FIP世界ヘビー級王座 : 1回
IPW
IPW世界ヘビー級王座 : 2回
IPWミッドアメリカン王座 : 1回
IWA
IWAタッグ王座 : 1回
w / ヘイド・ヴァンセン
MPW
MPWヘビー級王座 : 1回
MPWタッグ王座 : 1回

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89

ジョンモクスリーの入場曲

  • Hybrid Moments
  • Shitlist
  • Behind You
  • Special Op
  • Nuts
  • Retaliation
  • Unscripted Violence
  • Death Rider
  • Wild Thing

ジョンモクスリーが語る日本への思い

ジョンモクスリーはWWE時代から日本に特別な思いを持っていたそうです。両国国技館にも強い思いがあるといいます。ジョンモクスリーのインタビューをご紹介します。

「WWEに所属していた時から日本で試合するのを楽しみにしていた」

「日本のファンと繋がりを感じていた。俺は日本のファンを理解していて、彼らも俺を理解してくれたんだ」

「両国国技館は世界で一番好きなアリーナの1つだよ。ユニークな見た目とセットアップが他のアリーナとは違う。俺がいるべき場所だと思ったんだ」

ジョンモクスリーは両国国技館に特別な思いを持っているのです!

ジョンモクスリーと海野翔太の関係

2019年夏、ジョンモクスリーは「G1 CLIMAX」に参戦しました。その時、海野翔太をタッグパートナーに指名したのです。「Shooter」と呼び今でも可愛がっています。

2019年夏から海野はジョンモクスリーを師匠と仰ぎ、特別な師弟関係を築いているのです。

ジョンモクスリーの活躍を見逃すな!

新日本プロレスのチケットを買うならチケットぴあ

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥3,500 (2024/05/04 21:20時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

バイオレンスに闘争心剥き出しで戦うモクスリー。WWEを退団してからは、そのハードコアなスタイルに磨きがかかり魅力を増しています。

新日本プロレス参戦、日本への特別な思い、海野との師弟関係など日本と強い繋がりがあります。日本のプロレスファンにとっては嬉しすぎるものです。

これからも縦横無尽に戦う、モクスリーの動向に注目していきましょう。

参考サイト

Wikipedia|ジョナサン・グッド|https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89

新日本プロレス|ジョン・モクスリー|https://sp.njpw.jp/profile/200637

AEWラボ|ジョン・モクスリー|https://aew-labo.com/jon-moxley/

Wrestling-NOW.net レスリングナウ|【AEW】ジョン・モクスリーが日本への強い思いを語る。「WWEにいた頃から日本での試合が楽しみで…両国国技館が一番好きだ」|https://wrestling-now.net/archives/32438

いいと思ったらみんなにシェアしてニャ!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

研ネコのアバター 研ネコ 運営者

「人生を深く考えすぎる研究者ネコ」
略して研ネコと申します。
普段は会社員として働いている20代
字を書くのが好きで字でみんなを楽しませたいと思いブログを開設。
楽しくて面白くて有益な情報を何でも発信中!

・プロレスファン歴13年
・海外サッカーファン歴6年

目次